足を使う技術に長けている医療従事者

医療従事者の基本的な能力として手際良さがよく求められます。ギリギリの人材の数で動かしている職場が多いため、少しでも手際の悪い人がいるだけで仕事が滞ってしまいがちになるからです。しかし、実際に働いて他の人と比べてみると自分は作業の手際が悪いと感じる人も少なくないでしょう。その時に自分の足に目を向けてみることが大切です。医療現場では足を使う技術に長けている人が多く、それによって仕事の効率を上げていることが多いのです。雑用時には手ではなく、足を使うという事を、医療現場の豆知識として知っておくと良いでしょう。

清潔さを保つためには手を使えないという状況になることがよくあります。その状況でものを動かしたり、運んだりするためには足が便利なのです。うっかり手を使ってしまうと消毒をやり直さなければならず、仕事の効率が大幅に低下するでしょう。また、機材を運んでいるときには両手がふさがりがちであり、足で扉の開け閉めを行ったり、足で蹴ってもう一つ機材を運んだりするのも技術の一つです。

こういった形で足をうまく活用するという視点を持つと工夫が色々とできるようになります。意識せずに手が足りないから足を使うということを体得している人も多いものの、それに気づかないでいる人も少なくありません。そういう人のための豆知識ですが、手際良く仕事ができている人は手の足りなさから自然に体得していることなので、そこで差をつけられてしまわないように自分から積極的に活用していくようにしましょう。