ジェネリック医薬品の知られざる点

近年、膨大する医療費の削減に効果があるということで、日本でもジェネリック医薬品への注目度が高まっています。ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品とも呼ばれていて、つまり簡単に言えば新薬の特許期間が過ぎた後に他の製薬会社が作った、同成分・同効果の薬のことです。完全に同じ成分でできているわけですから、安全も担保されていますし、効果も弱まることがありません。それでいて、値段は新薬の数分の一ということで、今最も注目されているものの一つです。

このジェネリック医薬品には、いろいろと知られざる秘密が隠されています。そもそも、完全に同一の成分だということも、一般の人はあまり知らないものです。何か怪しい偽物の薬なのではないかと考えている人もいまだに多いですから、そのあたりの誤解を解くことから始めなければなりません。なぜジェネリックという名前がついているのかも、豆知識の一つになります。

ジェネリックというのは、英語で「一般的な」という意味です。新薬ではない後発の一般的な薬というわけで、英語で考えてみればむしろ新薬よりもこちらの方がスタンダードだとすぐに分かります。無理にカタカナ英語を使うから、分かりづらくなっているという側面は確かにあります。現在医療現場では、どうしても避けられない場合以外はジェネリック医薬品を使うように推奨されています。このまま日本の医療費が膨張し続けたら、社会保障の制度自体が破綻しかねないからです。もし、病院でジェネリックを勧められたら、安心して使ってみるといいですよ。